[PR]

【なんてことすんの!】ビニール袋に入れてアザラシの赤ちゃんを家に持ち帰った女性。その後に悲劇が…

【なんてことすんの!】ビニール袋に入れてアザラシの赤ちゃんを家に持ち帰った女性。その後に悲劇が…

 

ある家族が「寒そうだから」とバイソンの赤ちゃんを車のバックシートに乗せ、結局、安楽死させなければならなかった悲劇を覚えている人もいるでしょう。

2016.07.07-05-01

ビーチでイルカの赤ちゃんをよってたかって触って死なせた海水浴客や、セルフィーを撮るために白鳥を無理やり湖から引きずり出し死亡させた女性など、野生動物に対する虐待の認識がない人が存在します。

2016.07.07-05-02

可哀相だからと思っても、野生動物に情けをかけるのは結局虐待に繋がり、最悪の結果を招いてしまうことになります。

2016.07.07-05-03

野生動物に対して人間はあくまでも「見守る」姿勢を持たなければいけません。もし、救助が必要な場面に遭遇しても素人判断で勝手に手を出すべきではないのです。

また人間の愚かなるエゴから悲しい事件がまた起きてしまいました。

既にぐったりしていたアザラシの赤ちゃん

2016.07.07-05-00

自宅にアザラシを持ち帰ったところで、どうしていいかわからなかった女性は地元の水族館に連絡。

事情を話してスタッフに来てもらったのですが、既に赤ちゃんは水のない場所でぐったりしていたそう。女性の家のデッキにぐったりと横たわるアザラシの赤ちゃんの写真を見ると胸が痛みます。

女性は、アザラシの赤ちゃんがこうなることを全く予想していなかったのでしょうか。

「野生の動物は絶対に触ったらダメ!」

(イメージ画像)

AP通信によると、今シーズンだけでもワシントン州のビーチで5件、野生動物が持ち帰られる事件があったそう。持ち帰った人みんなが「捨てられていると思った」「助けようとした」という善意のジェスチャーでしたこともわかっています。

それでも、専門家は言います。「人の善意は野生動物にとって致命的となる場合があります。

大きなストレスを与えたり、命を落とさなければならないことになるので絶対に触らないで。」

(イメージ画像)

今回も、女性が一旦家に持ち帰ってしまったために水族館スタッフが海に戻そうとしても、赤ちゃんは受け付けなかったそう。仕方なく安楽死させられてしまいました。

女性が拾わなければ、このアザラシの赤ちゃんは死ぬ必要はなかったでしょう。良かれと思ってしたことが、命を奪う結果になってしまった今、彼女はどんな気持ちでしょうか。

ビーチからアザラシを引き離してしまうことこそが、アザラシの赤ちゃんの親にとって育児放棄をする原因となってしまうのです。

去年、カリフォルニア州では、野生のアザラシを掴んだり勝手に餌を与えたりする事例が60件以上もあったそう。

「National Oceanic and Atmospheric Administration Fisheries (NOAA)」アメリカ海洋大気庁の職員は訴えます。

「救助してあげないとと焦って野生動物に触ってしまう人が増え、人の手によって動物たちが傷つき死に至るケースは年々増加しています。野生動物は、放っておくことこそ最善の保護方法なのです。」

可愛いけれどペットではないことを認識しよう

(イメージ画像)

先週もこのビーチでは、一匹のアザラシの赤ちゃんが海水浴客の膝に乗せられて撫でられ触られ、長い間母親アザラシから引き離されるというハプニングがあったそう。

そのおかげでアザラシはかなりのストレスがたまってしまい、母アザラシからは放棄され、死にはしなかったもののリハビリセンターに搬送されることになったのだとか。

また、あるカップルはアザラシをビーチタオルでくるみ、車に乗せて自宅まで連れ帰りシャワーを浴びさせたという例もあるようで、親切がとんでもない大きなお世話と虐待に繋がっていることに気付かない人が多く、連絡を受けたスタッフが海に返すも、翌朝死んでいるのが発見されたという悲しい結果になってしまうのです。

小さな野生動物の赤ちゃんは確かに可愛いですよね。つい、触ってみたくなる気持ちもあります。

でも、それが彼らにとっては命を縮める行為になるのだということを今一度、私たち人間はしっかりと認識しなければいけないのではないでしょうか。今後、このような悲劇が起きないことを願うばかりです。

この記事が気に入ったら『いいね』してね!

 

 

引用:

てんぴぼし

心に響いたらコメントしよう

お友達にシェア


注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧

×