【20年間サーカスで鎖に繋がれていたピューマを救出】初めて大地を歩く瞬間に涙(T_T)

 

20年という長い年月の間、違法にサーカスで鎖を繋げられていたピューマ。

そんなピューマを動物福祉団体であるADIが救出し、20年ぶりにアマゾンの大地に降り立ちました。

自分の本来いるべき場所に立ち、一歩一歩を踏みしめながら歩く姿に涙が止まりません。

人間の娯楽のために、野生動物が鎖に繋がれて隔離されている現状。

これは考えされます。 

▼動画をみる▼

 

 

 

 

引用:

てんぴぼし

心に響いたらコメントしよう

お友達にシェア

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧

×