嵐の夜に、ズブ濡れの状態で軒下にたどり着いた子猫。心を開いてくれるまで1時間以上待ち続けた結果…

嵐の夜に、ズブ濡れの状態で軒下にたどり着いた子猫。心を開いてくれるまで1時間以上待ち続けた結果…

 

ある寒い嵐の夜のこと、自宅でくつろいでいたカップルが、外から微かに聞こえる子猫の声に気づきました。

ガレージの子猫

二人が家の外に出ると、弱々しい声でなく子猫を発見しました。

すぐに子猫を保護しようとしましたが、人間を警戒して近づこうとしません。

二人は子猫の警戒を解こうと、ご飯を入れたボウルを床に置き、子猫が近づいてくるのを1時間以上も待っていました...

▼続きを読む▼

 

いいね!を押してね!

page icon きゃわわニュース

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧

×