[PR]

【修羅場】幼稚園からの幼馴染の結婚式。新婦の姉のスピーチは最初からヘンだった。「私は小さい頃から妹が嫌いでした。...」

【修羅場】幼稚園からの幼馴染の結婚式。新婦の姉のスピーチは最初からヘンだった。「私は小さい頃から妹が嫌いでした。...」

【修羅場】幼稚園からの幼馴染の結婚式。
新婦の姉のスピーチは最初からヘンだった。
「私は小さい頃から妹が嫌いでした。...」

幼稚園からの幼馴染の結婚が決まって招待された。

二人姉妹の妹で、小さい頃から人懐こくて
可愛くて誰からも可愛がられた友人だったし、

数年前から付き合っていて、どちらもフリーター
だったので100万貯金ができたら結婚すると
宣言していたので、やっとお金が貯まったのか、
と一安心したもんだった。

結婚式も途中までは順調だった。
新婦は凄く可愛くて、新郎はちょっとダサい
ながらも温かそうな良い人で。

途中で新婦の姉のスピーチがあった。
珍しいかもしれないけど、幼馴染はたった一人の
お姉ちゃんが大好きで、
敢えてお姉ちゃんからお祝いをして欲しい、
とお願いしたらしい。

ちなみにお姉ちゃんは地方公務員で独身。
昔から真面目で大人しい人で、私も「お姉ちゃん」
「お姉ちゃん」と甘えさせてもらったし

よく「私子ちゃんが妹ならいいのに」と言って
くれたので嬉しかったのを覚えている。

スピーチは最初からヘンだった。
「私は小さい頃から妹が嫌いでした。」
そっから入ったから。

妹が出来るまでは親は何も言わなかったのに、
妹ができてから「お姉ちゃんなんだから」と
何でもかんでも我慢させられた。

ピアノを習いたくてお願いしたけれど、
お姉ちゃんなんだから我慢してといわれて
友達の中で自分だけピアノが習えなくて
仲間はずれにされた。

それなのに妹子がピアノを習いたいというと
親は反対しなかった。

                         (続きはこちらから)↓

いいね!を押してね!

page icon

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧

×