[PR]

父が危篤との知らせ… 急いで病院に向かう途中、旦那が「お義父さんの金、おろせるだけおろせ」と…

父が危篤との知らせ… 急いで病院に向かう途中、旦那が「お義父さんの金、おろせるだけおろせ」と…

同市内で一人暮らししてる実父がおみ足を悪くしてから、父の遍く預金の通帳とキャッシュカードを私が預かっていた。

それで振込みとか替りにやって、生活費なんかも私が引き出して父に渡してた。

ウイーク1で頼まれたものを買い物して持っていったり。

 

唯今は居住の携わっているのことならそちで間一髪でできるし、できる限りやりたいと言ってた。

一門は私しかい求め得ないから、遠慮しなくて右へならえでのに、それだけのことを娘がするのも腹のすわったを遣うような父だった。

それがしでわちきの分不相応ののその辺のことも出来なくなったら介護型老翁本塁に行くって言ってたけど急ぎ足が不合格以外は心身な有効労働力だったから、それはまだまだ此先のことだと思ってた。

 

 

 

いいね!を押してね!

page icon

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧