[PR]

【衝撃事実】原因不明の衰弱に苦しむ犬に飼い主は安楽死を選択。直前、耳を掻いてあげると…!

【衝撃事実】原因不明の衰弱に苦しむ犬に飼い主は安楽死を選択。直前、耳を掻いてあげると…!

アメリカ・オレゴン州に住む10才のシェットランド シープドッグ・オーリーは、生まれてからずっと健康そのものでした。

 

外で走り回ったり遊ぶことが大好きで、飼い主のアルさんとジョエルさんと一緒にキャンプに行けば、大はしゃぎで駆け回っていました。

 
しかし、いつものようにキャンプで存分に遊び、家に戻ってきたオーリーは、なぜかその日から気だるそうにするようになりました。

 

「オーリーにしては珍しい…」そう思った飼い主さんは、数日後、近所の動物病院にオーリーを連れて行きました。そしてさまざまな検査を受けたのですが、異常が見つからないのです。

 
オーリーの状態はどんどん悪くなっていくばかり。体は脱力し、食べ物も食べられなくなり、ついには自分で用も足せなくなってしまったのです。

 

それでも原因は不明のままでした。
paralyz (1)_R

 

いいね!を押してね!

page icon

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧