[PR]

【どこにいくにも一緒だよ!】足の不自由な老犬に希望を与えてくれたのは何とモルモットでした...

【どこにいくにも一緒だよ!】足の不自由な老犬に希望を与えてくれたのは何とモルモットでした...

 

野良犬だったボクサー犬のレックスが保護されたのは10歳の時。

後ろ足が次第に麻痺していく病気を患っていました。

そのままシェルターで安楽死を待つ身だったのですが、ボクサー犬の愛好者たちがなんとか救い出そうと、レスキューグループ「レオ・パピーミル・サバイバー」に連絡し、その後の人生をここで過ごすことになりました。

徐々に歩けなくなっていくレックス。

ですが、施設で知り合った同じ病を持つボクサー犬、タイソンと親友になり楽しく暮らしていました。

ところがタイソンが亡くなってしまいレックスは一人ぼっちになってしまいました...

▼続きを読む【動画あり】▼

※『確認』と出る場合、『確認』をクリックしてください。

これは、このページで新たな投稿があった場合、あなたのページに表示させる権限を承認してくださいという意味です。

 

いいね!を押してね!

page icon きゃわわニュース

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧

×