[広告]

【口と足をテープで縛られ】動くことも吠えることも出来ない状態で畑に捨てられていたワンコが、1年後には虐待犬の代表として貢献する...

【口と足をテープで縛られ】動くことも吠えることも出来ない状態で畑に捨てられていたワンコが、1年後には虐待犬の代表として貢献する...

約1年前、カナダ・オンタリオ州で口と足を絶縁テープで縛られて、動くことも吠えることもできなくされた1匹の犬が畑に横たわっていたところを発見されました…

このワンコを手放したかった元飼い主は、マイケル・ヒルと名乗る男にこのワンコをアニマル・シェルターに連れて行くと言われ、シェルターの引き取り料として$60(約6千円)を支払いました。

しかし、ヒルは嘘をついていました。ヒルは、最初からそのお金を自分の物にすることが目的だったので、ワンコが自然に死ぬようにと、このような形で畑に放置したのです。

▼続きを読む▼

※『確認』と出る場合、『確認』をクリックしてください。

これは、このページで新たな投稿があった場合、あなたのページに表示させる権限を承認してくださいという意味です。

いいね!を押してね!

page icon きゃわわニュース

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧


×