[広告]

【隣町の従兄弟に「障害者の子は気を使うよな」と言われてよくわからなかった】

【隣町の従兄弟に「障害者の子は気を使うよな」と言われてよくわからなかった】

 

【隣町の従兄弟に「障害者の子は気を使うよな」と言われてよくわからなかった】

 

 

 

 

 

 

 

私は小さな漁村で生まれ育ちました。

 

 

 

 人口は5000人。

 

 

 

 私の学年は全員で33人しかおらず、幼稚園から中学校まで12年間ずーっと33人一緒でした。(クラスも一クラスだったし)

 

 

 

その中に一人障害をもってた男の子がいました。

 

 

 

小学生のとき隣町に住んでた従兄弟に「障害者の子は気を使うよな」と言われてよくわからなかったのを覚えています。

 

 

 

 幼稚園から一緒なもんだから私たちはそういう感覚が全く無かったんでしょう。その子のことを特別親切にする人もいじめる人もいませんでした。それが普通でした。

 

 

 

 中学校の卒業式の前の日、朝礼のときにその子のお母さんがやってきました

 

いいね!を押してね!

page icon しあわせになるレシピ

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧


×