【スカッとする話】義父はそこそこ名の知れた弦楽器職人(引退済み)なのだが、近所のママAが娘にタダでバイオリンを作れと言ってきた。断っているのにしつこいママAに、一度娘を連れてきなさいという義父。ママAは娘を連れてくるのだが・・・。

【スカッとする話】義父はそこそこ名の知れた弦楽器職人(引退済み)なのだが、近所のママAが娘にタダでバイオリンを作れと言ってきた。断っているのにしつこいママAに、一度娘を連れてきなさいという義父。ママAは娘を連れてくるのだが・・・。

義父の話。義父は引退した手作り弦楽器職人。

そこそこ腕は知られた人らしく、
今でも指名で注文が入ったりしてる。

引退した後は、モノづくりが好きなのと、
手先の器用さを生かして、近所のよろず修理屋と化している。
 
デジタルなものやメカニカルな物は無理だが
それ以外は何でもやっている感じ。
 
犬小屋とか、屋根修理とか、水道管修理、冷蔵庫修理とか。

それ以外にも、弦楽器を作って、
地域の学校やら施設に寄付なんかをしていた。

それを聞きつけた近所のママAが、
娘のためにバイオリン作ってクレクレと言い出した。

寄付しているぐらいなんだから、タダでいいよね!と。

義父は丁寧に説明をしたうえで、お断りをしていた。

職人として自分の専門の技術をタダで売るつもりはない。
手作りのバイオリンが欲しいなら、
売っているところを紹介するが、値段は高くつく。

寄付に関しても、義父は技術と時間を提供しているだけで、
実費は別の支援者が出している。
等々の説明を繰り返していた。

既製品のバイオリンなんかよりも、
娘子はちゃんとしたバイオリンで始めさせた方がいい、
きっと、世界的なバイオリニストになるはず!

そうなったら、義父さんも鼻が高いはず!とかママAが言い出した。

義父は、「じゃあ、娘さんを家に連れてきなさい」と言う。
 
義父はそれこそ世界的な演奏家を何人もあったことがあり、
子供時代も見たことがあるとのこと。

どの子供も、それこそ将来性を感じさせるオーラがあったという。
演奏家としての才能のあるなしは私が見抜いて見せますよ。
その上で、もし才能があるようだったら、
バイオリンの事は検討しましょう、と。

ちなみに、義父は自分の人を見る目を自分では本当に信じているようだが、
私は老人のタワゴトと思って全く信じていない。

で、娘を連れてくるママA。

いいね!を押してね!

page icon

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧