【怖い話】駅から徒歩6~7分で破格の物件。大家の条件はただひとつ「女性を住まわせないこと」入居を決めた弟が、引っ越して部屋の押入れを開けるとそこには・・・

【怖い話】駅から徒歩6~7分で破格の物件。大家の条件はただひとつ「女性を住まわせないこと」入居を決めた弟が、引っ越して部屋の押入れを開けるとそこには・・・

弟と先週、実家で会ったときに聞いた話。

私の弟は今年春まで、勤務先から電車で20分くらいの場所にあるアパートに住んでいたが、

契約が切れるのを機会に引っ越すことにした。
 
元のアパートの家賃は場所の割に大変安く、なかなか同じ条件の物件はなかった。

弟が、不動産屋へ向かうため駅の反対側にある商店街へ向かって、ぶらついていると

「空室あり」の張り紙があるアパートを見つけた。

駅から徒歩6~7分。3階建ての2階。張り紙を読むと元のアパートより1部屋多く、

綺麗なのだが、家賃はほぼ一緒である。正直言ってその広さ、築年数で

その家賃は場所的に破格であった。

連絡先には不動産屋の名前ではなく、個人名と連絡先が書いてあった。

電話を架けると自分が大家であるというので、早速会いに行ったという。

大家の家はアパートから歩いて10分程のところにあった。

大家はかなり高齢の女性で、聞けばいつでも入居可能だという。

ただ大家は一つだけ条件を付けた。

「女性を住まわせないこと」

というよりは「男女の同居」が不可なのだという。

弟に彼女がいるが、一緒に住む予定はない。

弟が、遊びに来るくらいはいいんですか、と聞くと、

それは構わないが住むのは絶対に駄目だ、と念を押された。

その条件は他の部屋も同じのはずだ。

夜中に子どもの泣き声なんかに悩まされることもないな、と思った。

その駅周辺の雰囲気自体が気に入ってたのこともあり、弟は入居を決めたのだという。

ところが、引越してから気づいた。

いいね!を押してね!

page icon

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧