[広告]

【こわっ】小1の時、苦しみだした近所のお爺さんに指示されてマッサージしてあげた。私(いいことしたな~)→親に報告したらなんと…

【こわっ】小1の時、苦しみだした近所のお爺さんに指示されてマッサージしてあげた。私(いいことしたな~)→親に報告したらなんと…
小学1年の時、近所におじいさんが住んでいた。
当時はおじいさんという認識だったが、今思い出すと、40代後半くらいだったかな?
親より一回り上の年齢だったと思うけど、いつも校長先生みたいな服
(スラックスにカーディガン。えなりみたいな?ゴルフ行くみたいな感じ)で、
いつも花に水をあげたり犬の散歩したりで働いていない感じだったから、
おじいさんだと思っていた。

 

 

 

 
ちょっとした駄菓子をくれたり、カルピスくれたり、挨拶したり、
駒とかで遊んだりとわりと好きなおじいさんだった。
ある日、一人で下校中、おじいさんが車で通りかかった。
いつも通り挨拶したら、おじいさんが苦しみだした。
なんとか助けなきゃと車に乗り、おじいさんが言うように、
服を脱がせたりマッサージをしたりした。

いいね!を押してね!

page icon 生きる知恵の輪

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧


×