【閲覧注意】日本で起きた震災・災害時の卑劣な性犯罪の実態 自己防衛する方法とは

【閲覧注意】日本で起きた震災・災害時の卑劣な性犯罪の実態 自己防衛する方法とは

地震の多い日本でも、性犯罪は起きているのです。
阪神・淡路大震災、東日本大震災でも、残念ながら女性が性犯罪に巻き込まれてしまいま­した…。
どんなことが被災地で起きていたのか、事例を紹介。

自己防衛の方法
性被害に遭わないためにすべきこと
女性にとって深刻な問題は、のぞき、強制わいせつ、強姦といった性犯罪の被害でした。

・住み慣れた町だからと安心せず、外出するときは防犯ブザーを携帯する

・暗くなったら外出を控える

・日中でもできるだけ複数で行動する

・トイレに入る前には不審なところはないか確認する

・死角になる場所は警戒する

・貴重品は肌身離さずもつ

・他人のいるところでお金の話をしない

など、被害に遭わない意識と行動を心がけましょう。


自己防衛できる部分にも限りがありますが、これらのことは最低限守る必要があります。

そして何よりも大切なのは、性犯罪に限りませんが「犯罪を許さない」という一人一人の­意識です。
かなりショッキングな内容でしたが、現実に起きていることを受け止め、防ぐために何が­出来るのかを考え行動するしかありません。

このような性犯罪が繰り返されないよう、断固として許さない、見逃さないという姿勢を­徹底することが求められているのではないでしょうか。

 

詳しくは動画でどうぞ

いいね!を押してね!

page icon ポケモン Goトレンドニュース

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧

×