[広告]

6歳の頃からレモネードを売る少年。4年間で300台以上の車いすを途上国に寄付

6歳の頃からレモネードを売る少年。4年間で300台以上の車いすを途上国に寄付

6歳の頃からレモネードを売る少年。4年間で300台以上の車いすを途上国に寄付

アメリカに住む11歳の少年、Zack Francom君。彼は4年前の6歳の時から自宅の前でアメリカの子供がよく行うようにレモネード&クッキースタンドを始めた。道行く人にレモネードを売り、ザック君が欲しかったもの。それは自分のお小遣いやオモチャではなく発展途上国の人たちの為の車いすだった。

いいね!を押してね!

page icon ShareDream

注目記事

投稿待です

カテゴリ一覧